【40代男性】今が人生のターニングポイント!中途半端な大人にならない方法とは

【40代男性】今が人生のターニングポイント!中途半端な大人にならない方法とは

オジサンって何歳からだと思いますか?

 

人それぞれイメージは違いますが世の中の多くの人は『40代男性=オジさん』だと認識しています。
僕も40代ですが『オジさんの仲間入りしたなぁ』と感じることも結構あります。
世間の一般的な40代であれば、仕事ではある課長や部長のポジションに落ち着き子供も手がかからない年齢まで育っているます。

 

人生のゴールテープが見える年齢に近づきつつあります。
「これ以上頑張っても先が見えたな」なんて考えて無気力になり、日々の生活を充実したものにできていませんよね。

 

では、どうすれば中途半端な大人にならないのか。
答えは『40年後のなりたい自分を想像する』ことです。
人生の半分を過ぎているからそこ、今までの経験と知識を活かす時です。

 

生き方のスタンスを変えて自分の残りの人生を幸せに過ごしましょう!

 

現状を知る

今の40代前後は氷河期世代などと言われていて日本の人口の比率では多い世代ですよね。
偏差値の高い大学に入ること、一流企業に就職すること、結婚して、マイホームをたてること、そんなことが当たり前。みんなが「右向け右」で同じ方向を向くことに慣れ過ぎています。

 

世の中は「搾取するもの」「搾取されるもの」の2種類しかないのです。
まずは、何も考えずにただひたすら受け入れる受動的な思考「指示待ち人間」から脱却することが必要です。

 

・テレビや世間の報道は視聴率がすべて。
・政治家は票が欲しいだけ。
・労働者は常に誰かに搾取されている

 

自分で考える思考を持つ

 

当たり前な話ですが、「どんなことでも鵜呑みにしない」ことが大事です。テレビCMもポスターも常に誰かの利益のために作成されています。そして私たちの思考を誘導しています。正しいものが何かを理解する癖をつけましょう。

 

・自分で調べる癖をつける
・すべての事柄を疑う
・思考を誘導されていないか
・最後に決めるのは自分

 

今すぐ欲しいをやめる

 

僕もそうですが40代の人は高級ブランド品やスポーツカーが隆盛を極めた時期に青春を送っていました。そのためにはもっとお金が欲しいと思うようになります。しかも今すぐ欲しがります。
クレジットカードが普及し、今すぐ手に入れて後で支払い。こんなスタイルが当たり前になっていませんか。
それって本当に今すぐ必要ですか?20年後も大事につかっていますか?10年後、20年後に必要なものに投資しましょう。

 

生き方のスタンスを変える

 

社会貢献を意識して仕事をする

 

その仕事、何かの役にたっていますか?
「はい」とハッキリ答えることができる人はOKです。
逆に答えられない人は危険信号です。

 

明確なビジョンを持ちましょう。

 

その娯楽は生涯続けているのか

 

10代、20代と違って体力に限界があるとはいえ、まだまだ十分に体を動かせる年齢ですよね。
僕も色々とスポーツをしていますが、「今のスポーツは80代でもできますか」って話です。
そりゃ、やろうと思えばできますよ。でも30代と真剣に勝負して勝てますか?ってことです。

たとえば

・フットサル
・草野球
・テニス

 

どれも勝てそうにないですね。

高齢になれば腰や膝に負担がかかりできないことが多いですよね。
ゴルフを薦めているわけではありませんが、何歳になってもできるスポーツを見つけることは人生にハリがでます。

 

高齢でもできるスポーツ
・ゴルフ
・ヨガ
・マラソン

 

結論

 

『40年後のなりたい自分を想像する』ことが一番大事です。

 

スティーブ=ジョブスは生前こんな言葉を残しています。

もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」と。
「違う」という答えが何日も続くようなら、ちょっと生き方を見直せということです。

あなたは自分のお葬式の弔辞を読んでもらうときに残した家族に何と言われたいですか。
「スポーツカーを何度も乗り換える浪費家でした」なんて言われたくないですよね。
人生の終わりを思い描くことで、目的地がはっきりと見つかります。

 

あとはその道に沿ってコツコツと積み重ねるだけです。
ストイックでつらい道のりですが明日のために今日の人生をおろそかにしないでください。
僕も中途半端な大人にだけにはならないように気を付けます。

生き方論カテゴリの最新記事